HOME > 美術教育TOP > カリキュラム

美術陶芸コース

    美術陶芸コースのカリキュラム


    ここがPoint

美術は、1年間で基礎科目、2・3年で専門科目が充実
3年間を見通して、平面や立体の基礎表現から、絵画・デザイン・工芸などの発展的な表現を学びます。 しかも少人数クラス編成です。
多彩な選択科目
2・3年ではさらに専門的な内容の美術科目を選択することができます。
3年で必修の卒業制作
3年間の集大成としての作品を完成させ、展示・発表します。



    美術陶芸コースの教育課程表(平成28年度入学生用)

 
学年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
1年 国語総合 現代
社会
数学T 化学基礎体育 保健 美術T コミュニケーション
英語T
英語表現T 社会と情報 素描 構成 総学 LHR
2年 現代文
B
古典
A
世界史A 数学A 生物
基礎
体育 保健 コミュニケーション
英語U
家庭
基礎
平面
絵画
基礎デザイン 素描
応用
総学 LHR
立体
造形
映 像
表現
3年 現代文B 日本史A 物理
基礎
体育 コミュニケーション
英語V
卒業制作 デッサン ビ ジュアルデザイン 自由
選択
A
自由
選択
B
総学 LHR
クラフトデザイン



    美術陶芸コース・芸術科目及び専門科目


1年次
美術T 絵画・彫刻、デザイン、映像などの基礎的な技法や芸術作品のよさや美しさについて学び、表現と鑑賞の能力を身に付けます。
素描  デッサンやスケッチを初歩から学び、造形表現の基礎となる観察力と描写力を高めます。
構成  造形的な創造活動の基本となる形体や色彩、構成などについて理解を深め、感性や造形感覚と創造的な構成の能力を高めます。

2年次
平面絵画 絵画を中心としたさまざまな平面表現について学びます。
基礎デザイン ポスター制作な どの平面デザインや環境デザインなどについての学習を通してデザインの意義などを学びます。
素描応用 素描で身に付けた基礎をさらに発展させ、観察力や描写力を高めます。
立体造形 さまざまな材料や素材を用いて立体的に表現する学習を通して、立体表現の基礎を学びます。
映像表現 映像機器などを活用して平面デザインや動画などの基礎を学びます。

3年次
卒業制作 2年次までの学習で身に付けた表現の基礎をもとに、各自が主題や表現方法を選択して主体的・計画的に制作し、展示・発表します。
デッサン 素描などでの学習で身に付けた観察力や描写力を発展させ、より高度なデッサンについて探求します。
ビジュアル
デザイン
基礎デザインで身に付けた表現力を発展させ、視覚伝達を目的としたデザインについて学びます。
クラフト
デザイン
身の回りにある生活に必要な立体造形の機能やデザインについて学びます。


    選択科目


3年次自由選択
自由選択
A・B
国語表現、現代文特講、古典特講、発展数学、化学、生物、化学研究、生物研究、ピアノ演奏法、インテンシヴリーディング、子どもの発達と保育、フードデザイン、服飾手芸、素描特講、絵画応用、立体造形応用、映像表現

 ※選択科目は変更の可能性があります。